アワビには「黒アワビ」「女貝あわび」「まだかあわび」の3種類があります。

▼「黒アワビ」・・・五洋水産のアワビ 

殻はやや細長い形をしています。肉は黒っぽい色をして肉質はやや堅いです。値段的には1番高いです。比較的浅い場所で身を隠すような所に生息しています。そして逃げようとするときは活発に動きます。大きさは体長20センチ重さは1.5キロ位にまで成長するものもいます。

▼「女貝アワビ」

殻は黒アワビの細長いのに対して、丸みをもち殻高も低く扁平で放射状の筋が多い。肉はうす茶色をしていて肉質はやわらかい。黒アワビより深い場所でおもに岩の表面に生息しています。そして黒アワビとは逆に逃げようとしないで岩に強く張り付いてしまう。大きさは黒アワビと同じ位まで成長します。

▼「まだかアワビ」

殻は背が高くこんもりとしていて表面の筋もはっきりしています。肉は辺線に黒い斑紋がはっきりしていて、肉量が多くやわらかい。生息は女貝アワビよりさらに深い所で女貝アワビと同じように生息しています。大きさは体長25センチ、重さは2、5キロ位まで成長するものもいて国内では最大級のあわびです。

アワビの雄、雌の生別は肉の裏のキモの色で判断します。白色が雄、緑色が雌です。黒アワビが雄で女貝アワビが雌ではありません。全く別の種類でそれぞれ雄、雌がいます。

アワビの種類
「アワビ」のおいしい豆知識
アワビは魚介類の中でもうまくて高値であると知られています。そんなアワビのおいしい食べ方を紹介いたします。アワビは、生、焼く、煮る、いためるなどいろいろな料理法があります。また医学的根拠はわからないけれど、アワビの肉は手術後の傷口など早くふさぎ 肉を盛り上がらせる、肝は眼病に効くといわれています。そして低カロリーでダイエット食品として注目されています。アワビの旬は夏場ですが、おいしく一年中食べられるようにしております。
ぜひ五洋水産でお買い求めください。

ご注文はコチラから

「アワビ」の捌き方
肉と殻の切り離し方
1)肉に多目の塩をかけ、たわしなどでこすりぬめりや汚れを取る。
2)殻と肉の間にへらなどを入れて、肝をつぶさないように力を入れて貝柱を切り肉と殻を離す。 *殻の扁平になっている側の頭のほうからへらを入れる。
*肝は殻の高くなっている側の尻のほうにある。
*貝柱は殻の中央にあるます。

イラストでの説明はコチラから
五洋水産のアワビが安い理由
●浜買いのアワビを直接お届けできるから!
●五洋水産は年間200t(活アワビ業者としては国内一)のアワビを仕入れていて、
 源泉した良質の活アワビをご提供することができます。
●お電話(FAX)で翌日以降のご指定日には生きたまま配送いたします!
 (東北・関東・信越・北陸・中部・関西のお客さま、前日午前中のご注文で)